エレキギターならエレキギター.jp┃ELECTRIC-GUITAR.JP-エレキギターポータルサイト-
エレキギターピックアップニュース エレキギターコラム エレキギター全国修理店一覧 エレキギター初心者入門基礎知識 ギター売ります、買います エレキギター全国ギター教室一覧
  エレキギターTOP > STUDY[エレキギターの基礎知識] >基本中の基本!ギターをチューニングしよう!!
このエントリーをはてなブックマークに追加


エレキギターコンテンツ
エレキギター WEB SHOPPING
  エレキギター総合WEB SHOP
エレキギター PICK UP!!NEWS
  最新のニュースをピックアップ
エレキギター GUITAR COLUMN
  ギター関連のコラム
エレキギター REPAIR
  全国のギター修理店情報
エレキギター LESSON
  全国のギター教室情報
エレキギター LIVE HOUSE
  東京ライブハウス一覧
エレキギター STUDY
  ギター初心者の為の基礎知識
エレキギター SELL
  ギターを売る際のポイント
エレキギター PROFILE
  スタッフプロフィール
エレキギター スタッフコメント
D.G (ドンガバチョ)
14.10.23 Thu. エレキギター
エレキギター D・G 冷たい雨に打たれて歩くほうが良い~♪冷たい雨が流してくれたほうが良い~♪
和 尚 (おしょう)
14.01.01 水
エレキギター 和尚 あけおめ

エレキギター Twitter



エレキギター 基礎知識
エレキギターの基礎知識
 

基本中の基本!ギターをチューニングしよう!編


ギターの仕組みの項目でも説明しましたが、ギターに張られた弦を弾(はじ)くことで鳴る音の高さは、その弦に掛かる張力(引っ張る力)によって決まります。
ペグを回すことで6本の弦それぞれの張力を調整して、決められた音の高さ(音高)に正確に設定すること、それがチューニングです。(調弦・調律とも言います。)

ギターのチューニングにはいくつもの種類があるのですが、まずは最も一般的に使われているレギュラー・チューニングを覚えましょう。

レギュラー・チューニング

レギュラー・チューニングは6弦~1弦それぞれの解放弦(弦のどの部分も押さえない状態の弦)を弾いた時に出る音を、下の図の音に合わせます。

※音の呼び方、表記法の説明はコチラをご覧ください!
最初チューニングに慣れるまでは、チューナーを使ってのチューニングを始める前に、上の図に示した6弦~1弦の音を鍵盤やピッチパイプ、音叉などを使って実際に鳴らし、その音を聴きながら各弦を大まかに合わせましょう。
(ある程度チューニングに慣れてくると各弦の音程を耳で覚えてくるので『6弦はこれくらいの音程、5弦はこれくらい…。』というふうに、耳だけで大まかに合わせられるようになってきます。)
その後チューナーで正確にチューニングします。

最近ではスマートフォンのギターチューナーのアプリでも基準になる音を鳴らすことができるものがあるので、そういったものを利用するのも有効です。
Guitar Tuner·[アプリ]

チューナーの接続と読み方

まずはチューナーをセッティングしましょう。
ギターのジャックとチューナーのINPUTジャックをシールドで接続してチューナーの電源を入れます。ギターのボリュームは最大に、ピックアップはリアピックアップを選択しておきましょう。(クリップ式チューナーの場合はヘッドに取り付けて電源をON!)

チューナーは鳴っている弦の音を感知し、その音程に一番近い音名を表示します。
メーターの中心の目盛りが表示された音名の正確な音程という意味です。
針は鳴っている弦の音程の変化に応じてメーターを左右に動き、鳴っている音の音程と、正確な音程との差を視覚的に表示します。

つまり針がメーターの中心を指していれば正確な音程となります。
弦の音が表示されている音名よりも低ければ針は中心よりも左に、逆に高ければ中心より右を指すという事になります。

実際にチューニングしてみよう!

準備ができたら、早速チューニングしてみましょう。
6弦から順に1本ずつ解放弦を鳴らし、チューナーで音程を確認しながらチューニングしていきます。
音が低ければペグを反時計回りに回して音を高く、反対に音が高ければペグを時計回りに回して音を低く調節します。

上手なチューニングのコツ

① 他の弦が鳴らないように注意!
必ず合わせたい弦の解放弦の音だけを鳴らすようにして、 他の弦の音が鳴らないように注意しましょう。
他の弦の音が同時に鳴ってしまうと、合わせたい弦の音をチューナーが感知しにくくなってしまい、正確に表示ができないからです。

② 音程を上げながら合わせよう
もしペグを締め過ぎて、合わせたい音程より弦の音が高くなってしまったら、一旦合わせたい音程よりも音が低くなるようにペグを緩めましょう。
そして再度ペグを締めながら、少しずつ音を高くしながら合わせたい音程に合わせます。

ペグを緩めながら音を下げて合わせると、弦に掛かる張力にムラが出来てしまうのですぐにチューニングがズレてしまったりします。
『チューニングは音程を上げながら合わせる』と覚えておきましょう。

③ 6弦~1弦の順番で合わせよう!
チューニングは、6弦・5弦・4弦…1弦のように、太い弦から順に合わせていくようにしましょう。

ギターのネックは弦を張ることによって60~70kgもの負荷が掛かると言われています。そのため、弦を張っていない状態のネックに比べて、弦を張った状態のネックは弦に引っ張られる形で弦側に弓なりに曲がります。

細い1弦より、太い6弦のほうが強い力でネックを曲げようとします。
そのため、1弦側からチューニングを始めると、6弦まで合わせた時には1弦は緩んでしまい、音程が下がる(音がズレる)事になります。

6弦側から合わせても同様の原理で音程は下がるのですが、1弦側からチューニングした時と比べてその狂いの程度はるかに小さくなります。
細い弦がネックを曲げようとする力は太い弦と比べると小さいからです。

結果的に音の狂いを最小限に抑えることができ、素早く正確なチューニングが出来るというわけです。

正確にチューニングされた状態というのは、適正な張力で張られた6本の弦とネックのそれぞれが影響し合い、そのバランスが取れている状態ともいえます。

④ すべての弦が正確に合うまで繰り返そう!
③の理由から、6弦から1弦を1通り合わせただけでは正確にチューニングできません。
すべての弦が正確な音程に安定するまで、6弦~1弦の順に何度も繰り返しチューニングしましょう。


チューニングは『あ、い、う、え、お』や『1+1=2』みたいなもので、ギターを弾くうえでの基本。
もともとギターはチューニングが狂いやすい楽器です。(ギターに限らず、殆どの”撥弦楽器”に同じことが言えます。)
1度しっかり合わせたとしても、弾いている間にズレてきたり、弾かずに放って置いてもズレてしまうので、演奏前はもちろん必要に応じてこまめにチューニングをする必要がある楽器なのです。


ですから、普段何気なくこなしているような動作(お箸を使ったり、靴ヒモを結ぶといった事)と同じくらい自然に出来るようにしましょう。

エレキギター初心者入門基礎知識エレキギター初心者入門基礎知識エレキギター初心者入門基礎知識に戻る

エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)

エレキギター初心者、エレキギター通販
エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)
エレキギター入門
全国のギター教室 ギターを習う
 
エレキギターTOPニュースコラムリペア工房ギター入門ギターを売るギター教室
会社概要利用規約プライバシーポリシー


エレキギター.jp
Copyright (C) 2011 CRAFT&CRAFT Inc. All rights reserved.