エレキギターならエレキギター.jp┃ELECTRIC-GUITAR.JP-エレキギターポータルサイト-
エレキギターピックアップニュース エレキギターコラム エレキギター全国修理店一覧 エレキギター初心者入門基礎知識 ギター売ります、買います エレキギター全国ギター教室一覧
  エレキギターTOP > STUDY[エレキギターの基礎知識] >各部パーツの名前と役割
このエントリーをはてなブックマークに追加


エレキギターコンテンツ
エレキギター WEB SHOPPING
  エレキギター総合WEB SHOP
エレキギター PICK UP!!NEWS
  最新のニュースをピックアップ
エレキギター GUITAR COLUMN
  ギター関連のコラム
エレキギター REPAIR
  全国のギター修理店情報
エレキギター LESSON
  全国のギター教室情報
エレキギター LIVE HOUSE
  東京ライブハウス一覧
エレキギター STUDY
  ギター初心者の為の基礎知識
エレキギター SELL
  ギターを売る際のポイント
エレキギター PROFILE
  スタッフプロフィール
エレキギター スタッフコメント
D.G (ドンガバチョ)
14.10.23 Thu. エレキギター
エレキギター D・G 冷たい雨に打たれて歩くほうが良い~♪冷たい雨が流してくれたほうが良い~♪
和 尚 (おしょう)
14.01.01 水
エレキギター 和尚 あけおめ

エレキギター Twitter



エレキギター 基礎知識
エレキギターの基礎知識

『各部パーツの名前と役割りを覚えよう』編

エレキギターの部分ごとの名称と役割りについて見てみましょう。
ここではストラトタイプの画像を使って説明していますが、ギターの種類によって細かいパーツの有無や形状などは異なってきます。


エレキギター 名称

エレキギター 役割り

 

・ヘッド
ナットより先の部分。多くの場合この部分にメーカーやブランドのロゴが入る。


ネック
弦を押さえるために握る部分。ギターによって太さや形状が異なり、演奏性を大きく左右する部分。用いられる材によって音色も変化する。


・ボディ
ギターの胴体部分で、ピックアップ、コントロールノブなどの装置が取り付けられている。
この部分の共鳴がギターそのものの音色に大きく影響する。
主に『アッシュ』『アルダー』『メイプル』『マホガニー』などの木材が用いられる。


・エンドピン(ストラップピン)
ストラップを固定するためのピン。
演奏中にストラップが外れてしまわないように固定できる「ロック式」というタイプもある。


・ピックアップ
磁力によって弦の振動を拾い電気信号に換えるマイク。磁石とコイルでできている。
大きく分けてシャープでエッジあるサウンドの『シングルコイル』と、太くてパワーのあるサウンドの『ハムバッキング』がある。


・ピックアップセレクター
どの位置のピックアップを使うかを選択するためのスイッチ。


・ブリッジ
ボディ側の弦を支える部分で、ボディに弦の震動を伝達する。
ピッチ調整が可能なタイプ、アーム(トレモロユニット)が付いたタイプなど、様々な種類のブリッジがある。


・アーム(トレモロアーム)
トレモロユニットを動かすための棒状のパーツ。
このアームを動かすことでブリッジが連動して前後に動き、それによって弦の張力を一時的に変化させ、音程を上げたり下げたりできる。
トレモロユニットの付いていないギターにはアームも無い。


・ピックガード
ピッキングからギター表面を守るために取り付けられた板。


・ジャック
シールド(ケーブル)を差しこむ穴。
ここに差し込まれたシールドを介して最終的にはアンプへ電気信号を伝達する。


・エンドピン(ストラップピン)
ストラップを固定するためのピン。
演奏中にストラップが外れてしまわないように固定できる「ロック式」というタイプもある。


・ペグ
弦を巻くパーツ。ツマミを回すとギアによって弦を巻きつけた部分が回転する仕組み。弦に掛かる張力をコントロールしてチューニング(調弦)する。糸巻きなどとも呼ばれる。


・テンションピン(ストリングガイド)
弦のテンション(張り)を稼ぐ為のピン。(テンションバー、ストリングガイドとも呼ばれる。)
弦をナットに押し付ける役割をすることにより、ナットの溝から弦がズレることを防ぎ、弦の震動をしっかりとナットに伝達する。
主にストラトタイプなどのネックとヘッドに角度がついていないタイプに用いられる。
レスポールタイプはネックとヘッドに角度がついておりテンションを稼いでいるため、テンションピンは付いていない。


・ナット
等間隔に掘られた溝によって各弦を支えている。
弦の震動を楽器本体に伝達する役割を持つ。牛骨、象牙、金属などの材質が用いられ、それぞれに音色が変わってくる。
楽器として求められる正確なピッチや演奏性を左右する重要な部分で、調整には専門の技術が必要。


・トラスロッド
ネックの反りを調整するための金属製の棒。
ギターのネックの殆どは木で出来ているため、弦の張力(50kgともいわれる)に負けたり、気温や湿度によって反ってしまう。
そのためネックにはトラスロッドが埋め込まれており、ある程度の反りを矯正できるようになっている。


・フィンガーボード(指板)
名前の通り、実際の演奏はこの部分に指を配して弦を押さえる。
ネックの表側の面に指板と呼ばれる板を張り付けてあり、その木材によって音色やレスポンスが変わってくる。
指板を張り付けず、ネックと指板が1本の木から成形されているものもある。


・フレット
フィンガーボードに打たれた金属のパーツ。ナット側から1フレット、2フレット、3フレット~と数える。
フィンガーボード上の弦を指で押さえるとフレットに弦が押し付けられ、弦長と音程が変化する。
金属の材質や太さ、高さによって音の出かたや運指のしやすさが変わる。
徐々に擦り減ってくるので定期的に交換する必要がある。


・ポジションマーク
フレットの位置の目安となるようにフィンガーボードに付けられた印。
多くの場合フィンガーボードとネックの側面に付けられているが、側面にしかない場合もある。
単に点を配したものや、インレイ(貝)の豪華な細工をはめ込んだ装飾的なものもある。

エレキギター初心者入門基礎知識エレキギター初心者入門基礎知識エレキギター初心者入門基礎知識に戻る

エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)

エレキギター初心者、エレキギター通販
エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)
エレキギター入門
全国のギター教室 ギターを習う
 
エレキギターTOPニュースコラムリペア工房ギター入門ギターを売るギター教室
会社概要利用規約プライバシーポリシー


エレキギター.jp
Copyright (C) 2011 CRAFT&CRAFT Inc. All rights reserved.