エレキギターならエレキギター.jp┃ELECTRIC-GUITAR.JP-エレキギターポータルサイト-
エレキギターピックアップニュース エレキギターコラム エレキギター全国修理店一覧 エレキギター初心者入門基礎知識 ギター売ります、買います エレキギター全国ギター教室一覧
  エレキギターTOP > STUDY[エレキギターの基礎知識] >エレキギターはどこで買う?ネット通販編
このエントリーをはてなブックマークに追加


エレキギターコンテンツ
エレキギター WEB SHOPPING
  エレキギター総合WEB SHOP
エレキギター PICK UP!!NEWS
  最新のニュースをピックアップ
エレキギター GUITAR COLUMN
  ギター関連のコラム
エレキギター REPAIR
  全国のギター修理店情報
エレキギター LESSON
  全国のギター教室情報
エレキギター LIVE HOUSE
  東京ライブハウス一覧
エレキギター STUDY
  ギター初心者の為の基礎知識
エレキギター SELL
  ギターを売る際のポイント
エレキギター PROFILE
  スタッフプロフィール
エレキギター スタッフコメント
D.G (ドンガバチョ)
14.10.23 Thu. エレキギター
エレキギター D・G 冷たい雨に打たれて歩くほうが良い~♪冷たい雨が流してくれたほうが良い~♪
和 尚 (おしょう)
14.01.01 水
エレキギター 和尚 あけおめ

エレキギター Twitter



エレキギター 基礎知識
エレキギターの基礎知識

『エレキギターはどこで買う? 』~ネット通販編~


 

では次にネット&通販で購入する場合を見ていきましょう。
《 楽器屋編 》で、『楽器は楽器屋で買うべき!』とさんざん書きましたが、ネットショップや通信販売にもメリットはあります。

 

◆自宅で好きな時に探せる
やはりなんといっても、いつでも自分の都合の良い時に探せるのが通販やネットショッピングの最大の利点。
自宅の近所に楽器屋が無かったり、あっても種類が少なくて選択の幅が狭い、といった場合には、時間を作って遠方の楽器屋まで足を運ばなければなりません。
そもそも『行動圏内に何軒も楽器屋があり、なおかつその中に自分の欲しいギターがある』という環境は、一部の大都市でもない限りなかなか難しいのが現実でしょう。

ネットショッピングではそういった制約を受けることなく楽器を選ぶことが出来ますし、注文すれば待っているだけで自宅まで届けてくれます。
また、楽器屋店員のセールストーク攻撃を受けることもありません。(笑)

最近では、実際に製品を購入したユーザーがレビューを投稿、掲載しているといった販売サイトもありますので、そういった情報を参考にするのも良いと思います。

◆選択肢が豊富!
楽器屋の場合は、その時店頭にあるギターの中から選ぶしかありません。
また、もし気に入ったギターが見つからなければ何軒も楽器屋を回らなければなりません。
店頭にないものをお店を通してメーカーから取り寄せるといった事も可能ですが、それは実質的には通販と変わらなくなってしまいます。
その点、ネットや通販なら全国の様々なショップから選ぶことができるので、選択肢の幅はグッと広がります。
豊富な選択肢の中から、自分好みのギターを探すことが可能です。


◆価格が安く抑えられる
価格に関しても店頭で販売されているものより安いものを見つけられることも少なくありません。
沢山のショップの価格をじっくりと比較検討が出来るので結果として安く抑えることが出来ます。
実際、初心者向けのセットなどは店頭販売のセットよりも充実した内容のものも多く、お得な印象です。

なかには『気になるギターを楽器屋で実際に触って試してみて、ネットで同じギターを探してより安い価格で購入する』という人もいるようです。

 

では次に、ネットで楽器を購入する時にどんなリスクがあるかを見てみましょう。


 

◆実際にギターに触ることが出来ない。
当然ですが、ネットや通販の特性上、現物を実際に手に取って確かめるということは出来ません。
つまり『自分のギターを、全く知らない誰かが選んで送ってくる。』ということになります。
そのため、手元に届いたものがイメージと違うといったケースはギターに限らずネットショッピングや通販には付き物です。

『写真の色と違った』『想像より大きかった・重かった』『音が好きになれない』『自分にはネックが太くて弾きづらい』などなど、現物を確認していれば購入前に回避できた問題でも、ネットや通販では購入後に手元に届いた段階で初めて分かることになります。

もし仮に、全く同じモデルのギターを店頭で触って確認し、納得したうえでネット通販で購入したとします。
しかし楽器には個体差がありますので【同じモデル=同じ音・コンディション】という事ではありません。
『楽器屋で弾いたギターは良かったのに…。』と後悔しないとも限りません。

返品・返金をする場合、送料やその他の諸費用はこちらで負担しなければならないでしょう。
また、ネットオークションなどは一度落札して品物が到着してしまうと、殆どの場合は基本的には返品は出来ないようです。
規約や取引条件をよく理解したうえで購入しましょう。

 

◆アフターサービスに不安
楽器屋で購入したものであれば、程度や内容の違いはあれど大抵はアフターサービスが受けられます。
しかし通販ではそういったアフターサービスが受けられないことが殆どです。
もしギターの調子が悪くなったり、メンテナンスで疑問が出てきても、気軽に質問するというわけにはいきません。修理店に有償修理に出すことになる可能性があります。

しかし、実際の店舗を構える大手楽器店などが運営するネットショップの中には、店頭で購入した場合と同様にアフターサービスや1年保証などを受けることが出来る場合もあります。
また、メーカー自体が保証を付けている場合もあります。
購入前によく確認してみましょう!
 

《 メリット 》
・時間や場所など、物理的な制約を気にせず自分のペースで探せる
・色んなギターを探せる
・価格を抑えられる

《 デメリット 》
・実際にギターに触れることが出来ない。
・アフターサービスに不安がある

《 楽器屋編 》の最後にも書きましたが、『楽器は実際に弾いてから決める』やはりこれが基本だと思います。
しかし、そういったリスクを納得したうえで購入するのであれば、実店舗に比べて選択の自由度と利便性は高いと言えるでしょう。
実際、中古ギターなどはネットオークションでの売買が一般的に浸透し大きな市場となっているのも事実です。

 

エレキギター初心者入門基礎知識エレキギター初心者入門基礎知識エレキギター初心者入門基礎知識に戻る エレキギター初心者入門基礎知識エレキギターはどこで買う?TOPへ

エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)

エレキギター初心者、エレキギター通販
エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)
エレキギター入門
全国のギター教室 ギターを習う
 
エレキギターTOPニュースコラムリペア工房ギター入門ギターを売るギター教室
会社概要利用規約プライバシーポリシー


エレキギター.jp
Copyright (C) 2011 CRAFT&CRAFT Inc. All rights reserved.