エレキギターならエレキギター.jp┃ELECTRIC-GUITAR.JP-エレキギターポータルサイト-
エレキギターピックアップニュース エレキギターコラム エレキギター全国修理店一覧 エレキギター初心者入門基礎知識 ギター売ります、買います エレキギター全国ギター教室一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加


エレキギターコンテンツ
エレキギター WEB SHOPPING
  エレキギター総合WEB SHOP
エレキギター PICK UP!!NEWS
  最新のニュースをピックアップ
エレキギター GUITAR COLUMN
  ギター関連のコラム
エレキギター REPAIR
  全国のギター修理店情報
エレキギター LESSON
  全国のギター教室情報
エレキギター LIVE HOUSE
  東京ライブハウス一覧
エレキギター STUDY
  ギター初心者の為の基礎知識
エレキギター SELL
  ギターを売る際のポイント
エレキギター PROFILE
  スタッフプロフィール
エレキギター スタッフコメント
D.G (ドンガバチョ)
14.10.23 Thu. エレキギター
エレキギター D・G 冷たい雨に打たれて歩くほうが良い~♪冷たい雨が流してくれたほうが良い~♪
和 尚 (おしょう)
14.01.01 水
エレキギター 和尚 あけおめ

エレキギター Twitter



エレキギター 基礎知識
エレキギターの基礎知識

弦を交換してみよう! 編

ギターの弦は使っていると手汗やホコリで汚れたり錆びたりするため、時間と共に劣化します。
劣化した弦は指の滑りが悪く弾きにくくなるばかりでなく、音質も悪くなりチューニングも安定しなくなります。
弦交換は最低でも1ヶ月に1度を目安に行いましょう。

『面倒だし弦代が勿体ないからまだ交換しなくていいや…。』
なんて思ったりしてませんか?

汚れや錆びのある弦を張り続けるとナットにも汚れが溜まってチューニングが合い難くなったり、表面がサビのザラザラでヤスリのようになり、フレットを削ってしまうので結果的に寿命を縮めてしまいます。

またコーティング弦は普通の弦と比較するとかなり長持ちしますが、それでも2~3ヶ月に1度は交換しましょう。


① 弦交換の準備

最低限必要なのは新しい弦、ニッパー。
ペグを回すのが非常に容易になるのでストリングワインダーも準備しておきたいグッツです。

クリーニングもする場合はクロス ・オイル・ポリッシュも用意しておきましょう。

作業中はギターは寝かせておく

弦交換作業中にギターを倒してしまわないように、ギターを寝かせた状態で作業するのが安心です。

弦交換 ネック台 ネックレスト

ベッドや布団の上に置いて作業するのもお勧め。
雑誌やタオル、枕などをネックの下に置いてネックが少し浮くようにすると作業をスムーズに行えます。

ネックレストなどのリペア作業専用の台も発売されていますが、とりあえずは安定してネックを浮かせることができればどんなものでも問題ありません。


② 古い弦をギターから外す

準備が出来たら古い弦を1弦~6弦の順に緩めてギターから外していきます。ペグはストリングワインダーを使って回すと作業が素早く行えます。

弦交換 ニッパー

十分に緩めたら、弦の真ん中あたりをニッパーでカットします。
切った弦の先端が指や目に刺さらないように十分に注意しながら、ペグとブリッジから弦を取り外しましょう。
ストラトタイプの場合は裏のカバーを外したほうが作業が楽です。


レスポールタイプのブリッジの注意点

ストップテールピース

レスポールタイプのストップテールピースは、弦の張力で両端のスタッドに引っ掛っているだけなので、弦を全て外すと簡単に外れてる構造になっています。
弦を切った拍子にスタッドから外れて、ボディに落として傷をつけてしまわないように注意です。

弦を外したらクリーニング

弦を取り外せたら、ギターを綺麗にしてあげましょう。
指板のフレットの根本や、ペグとブリッジ周辺は弦が張ってあると掃除がしにくいため、汚れや埃が溜まり易いポイントです。
普段は弦が邪魔で掃除しにくい場所なので、弦交換のついでにクリーニングする習慣を付けておくことをお勧めします。

③ 弦を張る

新しい弦を張っていきます。

ストップテールピース

1弦~6弦までそれぞれに張る弦の太さを間違えないように確認してブリッジに弦を通します。 最初から6本全て通しても1本ずつでもOKです。(6本通しておいたほうが後々の作業が楽です。)

ペグに弦を巻く(巻きシロを確保する)

ブリッジに弦を通したら、次はペグに弦を巻き付けていきます。
ペグに弦を巻く際、あらかじめ『巻きシロ』を確保する必要があります。

巻きシロの長さは大体4~5cmほど。(ギターの機種にもよります。)
チューニングした状態で、6弦・5弦・4弦はペグポストを弦が2~3周するように余裕を持たせて巻きはじめます。
1弦~3弦であればペグポストを3~4周するくらいがオススメです。

ギター弦の巻き方
例えば6弦を巻く場合、ストラトタイプやテレキャスタイプのようにヘッドの片側にペグが並んでいるギターはペグ1.5~2個分の長さ、つまり4弦のペグポストの位置までを巻きシロとして確保します。
レスポールタイプのように両側にペグがあるタイプなら1~1.5個分くらいの長さが目安。
その位置で弦に爪を使って折り目を付けて印をしておき、6弦のペグに合わせてペグポストの下側に向かって巻いていきましょう。

ギター弦の巻き方
巻いた弦が重なったり隙間ができるとチューニングが狂い易くなってしまうのでしっかり隙間なく綺麗に巻いていきましょう。
ペグを巻いている間、片手で弦を引っ張ってテンションを掛けながら巻くと隙間ができにくくなります。

この時、ペグを巻きすぎて弦を切ってしまわないように注意しましょう。
この段階ではまだチューニングすることは意識せず、弦が緩く張れていればOKです。

1本巻くごとにペグから余った弦の先は切断しておきましょう。
切らずに作業を続けると、先端が弾力で暴れて目に刺さる可能性もあり危険です。
ギター弦の巻き方


弦を上から差すタイプのペグの注意点

ストラトやテレキャスに付けれられているペグの中に、弦を真上から差し込むタイプのペグがあります。
ストップテールピース
このペグは場合は巻きシロを上に紹介した長さよりもさらに2㎝ほど長くとりその位置で切断します。
その後、弦の先端をペグポストの中の穴に真上から差し込み、溝にそって弦を折り曲げてから弦を巻いていきます。

ストップテールピース

差し込み量が不十分だと弦が外れやすくなるので注意です。
しっかりと穴の下まで差し込める分の長さを確保してから切断するようにしましょう。(1度切ってしまうとやり直しがききません。汗)



④ 弦を伸ばす

ギターに張ったばかりの新品の弦は伸びやい状態です。
そのままだとチューニングが安定しないので、張ったらあらかじめ伸ばしておくとチューニングが早く落ち着きます。

■ 最初にチューナーで大まかにチューニングする
まず一旦チューニングをします。
この段階では正確にチューニングしても大まかにチューニングしてもどちらでも構いません。


■ 1本ずつつまんでグイグイと引っ張る
1本ずつ弦をつまんで、フレットから5cmほど離れるくらいに垂直方向に引っ張ります。
あまり強く引っ張るとネックに負担が掛かったり弦が切れたりするので無理の無い範囲で行います。
引っ張るポジションは弦の中心付近~ブリッジ寄り~ネック寄りと、3箇所くらい行うとムラなく伸ばすことができます。


■ 再度チューナーを確認しながらチューニング
一通り伸ばし終わったら、再度チューニングをしましょう。2回目以降は正確にチューニングします。
最初にチューニングした時よりも音が低くなっていることが確認できるはずです。
これは弦が伸びて弦の張力が下ったためです。


■ この工程を3回ほど繰り返す
最初の伸ばしでは柔らかかった弦が、2回目3回目と繰り返すうちにだんだん張りが出て、これ以上は引っ張れないな、というポイントがあるのが解ります。
伸ばし後のチューニングで殆ど音程が狂わなくなっていたら弦の伸ばしは完了です。


これで弦交換は完了です。


因みに、新品の弦も多少の汚れがあるので、指板潤滑剤をクロスに染み込ませて拭いておくと良い状態で弾くことができるようになります。


エレキギター初心者入門基礎知識エレキギター初心者入門基礎知識エレキギター初心者入門基礎知識に戻る

エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)

エレキギター初心者、エレキギター通販
エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)
エレキギター入門
全国のギター教室 ギターを習う
 
エレキギターTOPニュースコラムリペア工房ギター入門ギターを売るギター教室
会社概要利用規約プライバシーポリシー


エレキギター.jp
Copyright (C) 2011 CRAFT&CRAFT Inc. All rights reserved.