エレキギターならエレキギター.jp┃ELECTRIC-GUITAR.JP-エレキギターポータルサイト-
エレキギターピックアップニュース エレキギターコラム エレキギター全国修理店一覧 エレキギター初心者入門基礎知識 ギター売ります、買います エレキギター全国ギター教室一覧
  エレキギターTOP > STUDY[エレキギターの基礎知識] >エレキギターはどこで買う?楽器屋編
このエントリーをはてなブックマークに追加


エレキギターコンテンツ
エレキギター WEB SHOPPING
  エレキギター総合WEB SHOP
エレキギター PICK UP!!NEWS
  最新のニュースをピックアップ
エレキギター GUITAR COLUMN
  ギター関連のコラム
エレキギター REPAIR
  全国のギター修理店情報
エレキギター LESSON
  全国のギター教室情報
エレキギター LIVE HOUSE
  東京ライブハウス一覧
エレキギター STUDY
  ギター初心者の為の基礎知識
エレキギター SELL
  ギターを売る際のポイント
エレキギター PROFILE
  スタッフプロフィール
エレキギター スタッフコメント
D.G (ドンガバチョ)
14.10.23 Thu. エレキギター
エレキギター D・G 冷たい雨に打たれて歩くほうが良い~♪冷たい雨が流してくれたほうが良い~♪
和 尚 (おしょう)
14.01.01 水
エレキギター 和尚 あけおめ

エレキギター Twitter



エレキギター 基礎知識
エレキギターの基礎知識

『エレキギターはどこで買う?』~楽器屋編~

やっぱり楽器屋がオススメ!

まず筆者の経験から言わせて頂くと、やはり楽器は楽器屋で購入する事を1番にお勧めします!

ある程度弾けるようになり、ギターの知識や自分なりの総合的な判断基準が出てくれば、通販やネットショップで購入するというのも1つの選択肢として考えても良いと思います。
しかし、1度もギターに触れた経験がない状態で通販やネットショップでギターを購入するのはあまりお勧めしません。

楽器専門店なら、知識、経験が豊富な店員さんがいます。
色々と質問や相談できるので、初心者でも安心してじっくりとギター選びができるはずです。
また、ギター経験者が周りにいるのであれば一緒に付き添ってもらうと良いでしょう。

ギターは触らなきゃわからない!

gakkiya_hiitemiyou.jpg

なぜ楽器屋での購入を1番にお勧めするのか?
すごく当たり前のことなのですが、楽器屋なら実際にギターに触れることが出来るからです。


ギターに限らず楽器すべてに言えることですが、楽器というものは、実際に触れたり音を鳴らしてみて『体感』することで初めてどんなものかが分かるものです。
食べ物に例えるなら、飲食店などに行ってメニューの写真を見て美味しそうだと思って注文したら、思ったようなものとは違って味もイマイチだった・・・なんてことはありませんか?
写真を見ただけでは、その料理や食材がどんな味なのかわからないのですよね!?
食感や温度や匂いなど、そういった情報は実際に食べてみて『体感』してみないと分からない事です。

それと同じで、ギターだって音はもちろん、色やボディの大きさ、重さ、ネックの太さ、細かい形状などなど、実物に触ってみなければわかりません。
楽器を演奏するというのは繊細な作業ですから、自分が弾き易いものであるに越したことはありません。
ましてや全くギターに触ったこともない初心者が買う最初のギターならば、弾き易くて楽しく練習できるギターを選びたいところです。

楽器屋で気になるギターが見つかったら、店員さんに言ってそのギターを見せてもらいましょう。
大抵はチューニングしてアンプにセッティングした状態で手渡してくれると思いますので、実際に持ってみてギターの感触を確かめたり音を出してみたりしてじっくりと吟味しましょう。分からないことは遠慮せずに店員さんにどんどん質問してOK!
実際に曲を弾けないのなら店員さんに頼んで何か弾いてもらいましょう。
(誰でも最初は弾けなくて当たり前なのですから、頼むのを恥ずかしがることなんて全然ありませんからね!)

たとえ弾けなくても、実際に持ってみる事が大事です。

◆納得いくまで比べてみよう
ギターにもいろんな種類があります。またさらに、同じ種類でも機種によってそれぞれ特徴があったりします。
自分のやりたいジャンルや曲調、好きなアーティストなどを参考にしてみたりして、時には店員さんに質問しながら、じっくり選んでみましょう。
それぞれの色や形の違いは写真でもある程度は分かりますが、肝心の音は実際に聴いてみないとわかりません。
お店で色んなギターの音を聴き比べてみるといいでしょう。

以下ちょっと余談になります↓

楽器には『個体差』というものがあります。
例えば、全く同じモデルのギターが2本あるとします。
同じ種類の木材、同じパーツを使って、同じメーカーの同じ人間によって作られた、その2本のギター。
そこまで同じなら音も同じかというと、残念ながら厳密には1本ごとに音に違いがあるものなのです。
あなたという人間が世界に一人しかいないように、そのギターに使われている木材も世界に一本の木から切り出した一部分なので、当然といえば当然ですよね。
自然が作り出した素材を用いてモノを作る以上、楽器に限らずこの個体差というものがあると思います。

そういった個体差による音の違いも、実際に店頭で試演奏して音を出してみなければわかりません。
通販の場合は誰かが選んだギターを一方的に受け取るしかないわけですが、お店で購入する場合極端に言えば、同じモデルのギターを10本並べて全て弾き比べてみて、その中から気に入った1本を購入する、なんてこともできるわけです。

実際には初心者にそこまで音の違いを判断するのは難しいですが、『なんとなく』で全然OK!
仮に料理に例えるなら、『同じ醤油ラーメンでも、自分はこっちのお店の方が好きだな~。』という程度で良いのです。
プロの料理人ではないので、食べた料理がどんな調理法でどんな調味料が入っているなんてわからなくても、なんとなく自分が美味しいと感じるものを選べばいいのです。

そうやって納得がいくまで何度でも通って、一番気に入ったギターを買えばいいのです。
 

 ◆色んなお店に行ってみよう
お店によって品揃えが異なっていたり、同じギターでも価格が違うこともありますので、可能であればいくつかの楽器屋を回ってみるといいでしょう。
全国に店舗展開しているような大型店などはギターの種類も価格も豊富な場合が多く、初心者でも気軽にギター選びが出来るでしょう。


◆店員さんと仲良くなろう
立場は客と店員とはいっても、そこはやはり人間関係。
相手も人間なので一概には言えませんが、基本的に店員さんと仲良くなって損はないと思います。
お店に通って店員さんと仲良くなれば、メンテナンスや練習方法、音の作り方のアドバイスなど、ギターを購入後に困った時にも色々と相談しやすくなります。
なかには売り上げを立てるためにいい加減なセールストークをしたり、態度の良くない嫌な店員さんもいるかもしれませんが、何でも相談できるような信頼できる店員さんと仲良くなれれば、購入後もなにかと心強いですよ。


◆アフターケアサービス
『売ったら売りっぱなし』というケースが殆どの通販やオークションとは違い、お店にもよりますが大抵の楽器屋さんでは購入後にアフターケアを受けることが出来るのが魅力です。
もしギター調子が悪くなった時にも、お店に持って行けば相談に乗ってもらえるので心強いですね。
お店によってはリペアマン(楽器を修理する職人さん)が常駐していたり、簡単な調整やメンテナンスなら無料でしてもらえるお店もあります。


《 メリット 》
・実際にギターに触れる、試演奏できる。
・店員さんに質問、相談できる。
・購入後のアフターケアが受けられる場合がある
・持ち帰ってすぐに弾ける

《 デメリット 》
・その時店にあるギターの中からしか選べない。条件に合ったギターがない場合もある。
・複数の店を回って探す場合には労力とコストを要する。(交通費など)
・その場の雰囲気や店員さんのセールストークに流されてしまうことも?

 
以上、楽器屋で購入する際のポイントを挙げてみました。
そして最後にもう一度、『楽器は実際に弾いてから決める。』これが基本です!!

エレキギター初心者入門基礎知識エレキギター初心者入門基礎知識エレキギター初心者入門基礎知識に戻る エレキギター初心者入門基礎知識エレキギターはどこで買う?TOPへ

エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)

エレキギター初心者、エレキギター通販
エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)
エレキギター入門
全国のギター教室 ギターを習う
 
エレキギターTOPニュースコラムリペア工房ギター入門ギターを売るギター教室
会社概要利用規約プライバシーポリシー


エレキギター.jp
Copyright (C) 2011 CRAFT&CRAFT Inc. All rights reserved.