エレキギターならエレキギター.jp┃ELECTRIC-GUITAR.JP-エレキギターポータルサイト-
エレキギターピックアップニュース エレキギターコラム エレキギター全国修理店一覧 エレキギター初心者入門基礎知識 ギター売ります、買います エレキギター全国ギター教室一覧
  エレキギターTOP> STUDY[エレキギターの基礎知識] > ギターアンプを買おう!編
このエントリーをはてなブックマークに追加


エレキギターコンテンツ
エレキギター WEB SHOPPING
  エレキギター総合WEB SHOP
エレキギター PICK UP!!NEWS
  最新のニュースをピックアップ
エレキギター GUITAR COLUMN
  ギター関連のコラム
エレキギター REPAIR
  全国のギター修理店情報
エレキギター LESSON
  全国のギター教室情報
エレキギター LIVE HOUSE
  東京ライブハウス一覧
エレキギター STUDY
  ギター初心者の為の基礎知識
エレキギター SELL
  ギターを売る際のポイント
エレキギター PROFILE
  スタッフプロフィール
エレキギター スタッフコメント
D.G (ドンガバチョ)
14.10.23 Thu. エレキギター
エレキギター D・G 冷たい雨に打たれて歩くほうが良い~♪冷たい雨が流してくれたほうが良い~♪
和 尚 (おしょう)
14.01.01 水
エレキギター 和尚 あけおめ

エレキギター Twitter



エレキギター 基礎知識
エレキギターの基礎知識

ギターアンプを買おう!編 

ギターアンプ

ギターアンプは、エレキギターのピックアップから出力された電気信号を増幅し音を出す装置です。
『ギターアンプも含めてエレキギター!』と言っても良いくらい、エレキギターにとって欠かすことのできない重要な”楽器”です。

真空管アンプとトランジスタアンプという2種類があり、大きさも様々。
それぞれの種類や大きさ、メーカーによって音に個性あり、『ギター本体よりも最終的な出音を左右する要素が強い』とも言える機材です。
そのため多くのギタリストはギター本体と同様、もしくはそれ以上に自分の演奏したいジャンルや曲調、自分のギターとの相性を考慮してアンプ選びや音のセッティングに拘っていたりします。

高出力の大型アンプは音量も大きいので、自宅で鳴らすのはなかなか難しかしいのが現実。(近所迷惑になっちゃいますから。。。)
自宅での練習で使うのであれば、トランジスタタイプの小型アンプ(~20w位まで)が丈夫で扱いやすく、音量も価格も手頃なのでオススメ。
ヘッドフォンを接続できたり、チューナー、メトロノーム、エフェクターなどが内蔵されているなど、自宅練習に便利な機能を搭載した小型アンプも増えてきています。

また、もしどうしても大きな音が出せないなら、ヘッドフォンを接続して使用することを前提としたヘッドフォンギターアンプ電池駆動ミニアンプもあります。自分の環境に合わせて選びましょう。

ギターアンプの種類

ギターアンプは【真空管アンプ】【トランジスタアンプ】という2種類に大別することが出来ます。
これはギターからの信号を増幅する為に真空管を使用しているか、またはトランジスタを使用しているかの違いです。

真空管アンプ(チューブアンプ)はアマチュアからプロまで、多くのギタリストに非常に人気のあるタイプです。
マイルドで温かみがあり、厚みや立体感を感じさせるような音で、バンドアンサンブルの中でも存在感があるヌケが良い(他の楽器などの音に埋もれない)音と言われています。
構造の関係上、重量のある大型アンプが多いのですが、小型の真空管アンプも増えてきています。
注意点としては、真空管はデリケートなので取り扱いに注意を払う必要があります。また、真空管は使用とともに消耗し音質が劣化してくる為、定期的にメンテナンスが必要になってきます。
さらに真空管自体が高価なパーツなので、トランジスタアンプと比較すると価格は割高。
トランジスタアンプ(ソリッドステートアンプ)は軽量で壊れにくくリーズナブルな価格で、安定したクリアで素直なサウンドが特徴です。
『冷たく硬い』シャープでエッヂの効いたサウンドと表現されたり、急激でキツイ歪み方をする傾向にあります。

また、トランジスターは真空管よりも消費電力が少なく、寿命も長いという特性を持っています。つまり丈夫で長持ち、そして個体差も少ないので、自分のアンプでなくても同じような音作りもし易いといったメリットもあります。
トランジスタアンプの代表的な機種としてはローランド社のJC-120をはじめとするJCシリーズが挙げられますが、このJC-120は全国のライブハウスやスタジオに置いてあります。それほど信頼されているアンプであるという事です。
そして省電力という利点により、色々な機能を搭載することが出来るので、各社からチューナーやリズムマシン、エフェクト機能などを搭載した小型アンプが発売されています。

ギターアンプの仕組みと形状

ギターアンプはプリアンプパワーアンプスピーカーの3つのセクションから構成されています。

プリアンプは、ギターからの信号を加工、コントロールする役割をします。最もギターサウンドとしてのキャラクターを左右する部分です。
パワーアンプは、プリアンプから出力された信号をさらに大きく電力増幅してスピーカーを駆動する役割り。
そしてスピーカーは、その信号を最終的に実際の音として出力・発音する役割りです。

上記の3つが1つの箱に収まっているタイプをコンボタイプ(ビルトインタイプ)と言います。
一方、《プリアンプ》《パワーアンプ》のアンプの部分だけを一体化したとヘッドアンプと、スピーカー(キャビネット)に分かれているタイプをスタックタイプと呼びます。主に高出力の真空管アンプに多いタイプで、ヘッドアンプとスピーカーキャビネットを自由に組み合わせる事も出来ます。

『アンプを使わないとエレキギターの練習は出来ないの?』と思いますよね。
もちろんアンプを使わなくてもできる練習は沢山あります。(左手の運指トレーニングなど)

しかしエレキギターと言う楽器を弾く以上はアンプを使ってキチンと音が出せることが大前提です。
生音(アンプを使わない状態の楽器そのままの音)が全てのアコースティックギターと違って、エレキギターの場合は自分でアンプやエフェクターなどの機材を接続して、それを使いこなして音を作っていきます。

例えば、これは初心者の頃によくある事なのですが、アンプを使わずに練習しているとエレキギターの生音の音量は小さいので、音量を出すために無意識のうちに必要以上に強いピッキングになってしまいがちです。
そしてその強いピッキングの癖がついたままアンプから音を出すと、音が潰れてしまったり、ミュートが不完全で不必要なノイズが出てしまったりして、大抵はあまりいい音が出せません。

微妙なピッキングのニュアンスや表現力をしっかりと身に付ける為には普段からアンプを使い、その音を聴きながら練習するのが理想的です。
そういった意味でも『ギターアンプも含めてエレキギターという一つの楽器』という認識を持つようにしましょう。

また、自宅での練習には小型アンプで充分ですが、やはり本物の大型真空管アンプの音圧を体感として知っているのとそうでないのとでは大きな違いがあります。
スタジオに入った時などに大型アンプを使える機会があれば、積極的に触ってみて使い方や音の違いなどを覚えるようにしましょう。



エレキギター初心者入門基礎知識エレキギター初心者入門基礎知識エレキギター初心者入門基礎知識に戻る

エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)

エレキギター初心者、エレキギター通販
エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)
エレキギター入門
全国のギター教室 ギターを習う
 
エレキギターTOPニュースコラムリペア工房ギター入門ギターを売るギター教室
会社概要利用規約プライバシーポリシー


エレキギター.jp
Copyright (C) 2011 CRAFT&CRAFT Inc. All rights reserved.