エレキギターならエレキギター.jp┃ELECTRIC-GUITAR.JP-エレキギターポータルサイト-
エレキギターピックアップニュース エレキギターコラム エレキギター全国修理店一覧 エレキギター初心者入門基礎知識 ギター売ります、買います エレキギター全国ギター教室一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加


エレキギターコンテンツ
エレキギター WEB SHOPPING
  エレキギター総合WEB SHOP
エレキギター PICK UP!!NEWS
  最新のニュースをピックアップ
エレキギター GUITAR COLUMN
  ギター関連のコラム
エレキギター REPAIR
  全国のギター修理店情報
エレキギター LESSON
  全国のギター教室情報
エレキギター LIVE HOUSE
  東京ライブハウス一覧
エレキギター STUDY
  ギター初心者の為の基礎知識
エレキギター SELL
  ギターを売る際のポイント
エレキギター PROFILE
  スタッフプロフィール
エレキギター スタッフコメント
D.G (ドンガバチョ)
14.10.23 Thu. エレキギター
エレキギター D・G 冷たい雨に打たれて歩くほうが良い~♪冷たい雨が流してくれたほうが良い~♪
和 尚 (おしょう)
14.01.01 水
エレキギター 和尚 あけおめ

エレキギター Twitter



エレキギター 基礎知識
エレキギターの基礎知識

『ギター以外に揃えておきたい道具♪』~ギタースタンド~ 編 

ギタースタンド


『ギターを壁に立てかけておいたら倒してしまった!』
そんな悲劇がおきないように、ギタースタンドを用意しておきましょう。

初心者向けのギターセットには最初から付属してくる場合もありますが、単体で買っても安いものなら数百円くらいで購入が可能です。
最近のスタンドは安価でも通常の使用目的に耐えうる充分な機能を持っているので、特に価格に拘る必要などはありませんが、大切なギターを立てておくものなので、とにかく丈夫で安定感がありしっかりとギターを支えてくれるスタンドを選びたいところです。

ギターをセットした時に必要なスペース、安定性、畳んだ時の収納性など種類によって違ってくるので、自分の部屋の環境や使用目的に合わせて用意するといいでしょう。

フロアタイプ

最も一般的なタイプのギタースタンドです。
特別な事情が無いのであれば、とりあえずはこのタイプを購入しておけば問題ないと思います。

下の部分でボディの下側を保持して、上の部分でネックを受け、立てかける状態でギター全体を保持します。
価格も比較的リーズナブルなものも多く、数百円で買える製品もあったりします。

下の2本のアーム部分にボディを乗せる構造なので、フライングVやエクスプローラーのような変形ギターの場合は形状によっては上手く乗らない場合があります。
また、”立てかける”という構造上どうしてもネックにギター本体の重みがかかるので、長期間ギターを置きっぱなしにしているとその荷重によってネックが順ゾリしてしまう可能性も。
あまり神経質にならなくても良いのですが、長期間弾かない場合は置きっぱなしにせず、ケースに仕舞うほうが無難です。


ハンガータイプ

ギターのヘッドを引っ掛けて吊るすタイプで、床置きタイプと壁面に設置するタイプがあります。
上記のフロアタイプのように前後の荷重がネックに掛かることがなく、一番ギターに負担の少ないタイプと言われています。
ボディを保持する必要がないので、変形ギターでも使用可能です。

壁掛けタイプは床置きタイプと違って場所は取りませんが、設置のために壁に穴をあけなくてはならなかったり、専用のメタルラックを設置する必要があります。
床置きタイプは「吊るす」という関係上、ある程度の高さとそれを支えることが出来るだけの安定性を確保した足が必要なので、通常のフロアタイプに比べると全体に少し大きめの作りになっています。

折り畳みタイプ

ボディ部分だけで保持するタイプ。
一般的なフロアタイプのスタンドよりもギターを立て掛けるた時の傾斜が緩くなるので、その分若干のスペースを要します。また若干安定性に欠けるという意見もあるようです。(製品によって安定性は異なります。)
しかし本体自体が小さく、さらにコンパクトに折り畳めるので持ち運びにはとても便利。ギタースタンドがない場所で演奏する時はサッと持って行けるので重宝します。

ボディの下側と背面で支える関係上、ストラトタイプやレスポールタイプのようにボディ下側がある程度の左右対称になっていないと安定した状態で保持できません。そのため、フライングVタイプやエクスプローラータイプのような変形ギターには向きません。


多くのギタースタンドのネックやボディに触れる部分には、スポンジやゴムがクッションと滑り止めを目的として取り付けてあります。
ところがラッカー塗装のギターの場合、このスポンジやゴムの成分がラッカーの成分と化学反応を起こして溶けてしまい塗装を傷めてしまいます。

ラッカー塗装をされたギターを立てるスタンドには専用のカバーを取り付けたり、綿の包帯を巻いておくなど、塗装とゴムが直接触れないように工夫しましょう。
一般的にエントリーモデルのギターはポリ塗装が殆どですが、ポリ塗装の場合は溶けてしまうといったことはないので心配ありません。


エレキギター初心者入門基礎知識エレキギター初心者入門基礎知識エレキギター初心者入門基礎知識に戻る

エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)

エレキギター初心者、エレキギター通販
エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)
エレキギター入門
全国のギター教室 ギターを習う
 
エレキギターTOPニュースコラムリペア工房ギター入門ギターを売るギター教室
会社概要利用規約プライバシーポリシー


エレキギター.jp
Copyright (C) 2011 CRAFT&CRAFT Inc. All rights reserved.