エレキギターならエレキギター.jp┃ELECTRIC-GUITAR.JP-エレキギターポータルサイト-
エレキギターピックアップニュース エレキギターコラム エレキギター全国修理店一覧 エレキギター初心者入門基礎知識 ギター売ります、買います エレキギター全国ギター教室一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加


エレキギターコンテンツ
エレキギター WEB SHOPPING
  エレキギター総合WEB SHOP
エレキギター PICK UP!!NEWS
  最新のニュースをピックアップ
エレキギター GUITAR COLUMN
  ギター関連のコラム
エレキギター REPAIR
  全国のギター修理店情報
エレキギター LESSON
  全国のギター教室情報
エレキギター LIVE HOUSE
  東京ライブハウス一覧
エレキギター STUDY
  ギター初心者の為の基礎知識
エレキギター SELL
  ギターを売る際のポイント
エレキギター PROFILE
  スタッフプロフィール
エレキギター スタッフコメント
D.G (ドンガバチョ)
14.10.23 Thu. エレキギター
エレキギター D・G 冷たい雨に打たれて歩くほうが良い~♪冷たい雨が流してくれたほうが良い~♪
和 尚 (おしょう)
14.01.01 水
エレキギター 和尚 あけおめ

エレキギター Twitter



エレキギター 基礎知識
エレキギターの基礎知識

『ギター以外に何が必要?揃えておきたい道具♪』~ピック~ 編 

ピック


ピックは弦をはじく(ピッキングする)ために使います。
材質、大きさ、形、固さ、厚みなど様々あり、ジャンルや奏法に合わせて弾き易いものを選びます。

そしてピックは消耗品です。
材質によって耐久性は違いますが、使っていると先端が削れてきますので、その都度新しいものに交換していきます。
1枚でだいたい50円~100円位なので、とにかく色々なピックを試してみて自分に合うものを探してみましょう。

以下にそれぞれの大まかな特徴を紹介していきますが、種類が多すぎて迷ってしまうかもしれません。
とりあえず最初に購入するならば、 ティアドロップ・タイプ か、もしくはトライアングル・タイプの中くらいの固さ(ミディアム)のピックが使い易く、幅広く対応できるのでオススメですよ。

ピックの形状


ティアドロップ・タイプ

  もっともポピュラーな形で、多くのギタリストが使用しています。先端がシャープに尖っている部分でピッキングします。
引っかかり感が少なく、スムーズなピッキングができるので速弾きもし易く、なおかつエッジのあるサウンドが出せます。


トライアングル・タイプ

ティアドロップと並んでポピュラーな形です。オニギリ型なんて呼ばれたりもします。
指で挟み込める面積が大きいのでグリップしやすく、激しいストロークをしたりカッティングをするには使い易い形です。
3つの頂点部分ならどこを使ってピッキングしても大丈夫なので、そういった意味では経済的かもしれません。

レインドロップ/ジャス・タイプ

ティアドロップ型の先端がさらにシャープになったような形状で、全体のサイズも小さい。
ティアドロップ型よりもさらにスムーズなピッキングがし易いため、速弾きフレーズを多用するようなジャズ系やハードロック、メタル系などのギタリストに愛用者が多いタイプです。

サムピック/フィンガーピック

写真の左がサムピック、中央がフィンガーピックです。
サムピックは親指に、フィンガーピックは人差指と中指にはめて使用します。(※写真右が装着した写真。)
カントリーミュージックを演奏するギタリストがよく使用するタイプで、 バンジョーを演奏する時にもこのピックが使用されます。

ピックの厚み

薄くて柔らかいものや、厚みがあって硬いものまでピックの硬さは色々。
ピックの厚み(硬い)は弦を弾いた時の音質とレスポンス(音の立ち上がり)に関係してきます。
薄い(柔らかい)と音は柔らかく遅めのレスポンスとなり、厚い(硬い)ほど音は固く太く、早いレスポンスになります。
固くなるほどピッキングの繊細なコントロールが必要になってきます。
  • THIN(シン)/SOFT(ソフト)/Light(ライト)⇒0.5mm位
  • MIDIUM(ミディアム) 0.7mm位
  • HARD(ハード)/HEAVY(ヘヴィー)1mm~

エレキギターではMIDIUM(ミディアム/0.7mm位)以上のピックを使うことが多いです。
一般的に早いフレーズを多用する場合はHEAVY、コードストロークやカッティングを多用する場合はMIDIUMが使い易いといわれています。 

ピックの素材

厚みと同様に、素材によっても硬さや音色が変わります。
同じ厚みのピックでも素材が違えば硬さも違ってくるということですね。
また、弦をヒットするときの感触も厚さと同じく違ってきます。
ピックの素材の多くは合成樹脂(プラスチック)で出来ていて、同じ合成樹脂の中でもそれぞれの種類で特性があり、音や使用感にもかかわってきます。とにかく色んなピックを試してみましょう。
ポピュラーな素材は以下の通り。

素材 特徴
セルロイド ピックの素材としては定番中の定番。柔軟性があり使い易いので非常に人気がある。滑りやすくて削れるのも早い。
トーテックス 表面がザラついているので滑り難くグリップ力が良いので、手汗をかきやすい人にはオススメ。 その分ピッキングした感触も音も多少ザラつく印象。
ナイロン 柔らかいのでアタック感はあまり強くないが音色も柔らかく人気がある。 セルロイドほどではないが削れやすく、滑りやすい。
デルリン セルロイドよりも若干硬めで軽量な素材。 輪郭のはっきりしたシャープな音になり易いがとても滑りやすい。そのぶんピッキング感は滑らかで速弾きはしやすい。
ポリアセタール 音質や硬さなどはナイロンに似た特性で、摩擦には強く削れにくい。握った感じは程よく指に馴染むので滑りにくいが、トーテックスのようなザラつきはない。
ウルテム 全体的にバランスの取れたクリアな音質。 若干硬めだが、ピッキングした際の独特な粘りのある反発でアタック感は良い。比較的滑りにくい。

合成樹脂以外にも、木・石・動物の骨などの自然素材を使ったピックもあります。
これ以外にも色々な素材があり、それぞれに弾いた感触や音に違いがあります。 とにかくたくさんのピックを試してみて、自分のお気に入りを見つけましょう!



ピッキングは『弦を弾いて音が出ればいい』というものではなく、音色を大きく左右する非常に重要で奥が深~い技術です。
聴く人に想いが伝わる熱い音を出せるかどうかはピッキングにかかっているといっても過言じゃないです!

・・・というのはちょっとオーバーかもしれませんが(笑)、要するに自分のイメージする音を出すうえでの基本であり、演奏する人の個性が一番音に表れる部分でもあるんですね。
だから、こだわる人は曲によって違うピックを使ったり、少しでも削れたら1曲で捨ててしまったりもします。

つまり、たとえどんなに高価なギターや機材を使ったとしても、ピッキングという『根本』が悪ければ台無しです。
ピッキングはとっても重要!だからピック選びも大事ですよ♪

とはいえ、エレキギターを演奏するうえで『ピックは必ず使わなければならない!』というものでもありません。
実際にピックをほとんど使わないプロのギタリストもたくさんいます。
しかしピックを使うことで指弾きでは出せないサウンドやニュアンスが出せますし、表現の幅が広がります。
自分の表現したいサウンドや場面に合わせて、ピック弾きも指弾きも両方こなせたら最高ですね!


エレキギター初心者入門基礎知識エレキギター初心者入門基礎知識エレキギター初心者入門基礎知識に戻る

エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)

エレキギター初心者、エレキギター通販
エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)
エレキギター入門
全国のギター教室 ギターを習う
 
エレキギターTOPニュースコラムリペア工房ギター入門ギターを売るギター教室
会社概要利用規約プライバシーポリシー


エレキギター.jp
Copyright (C) 2011 CRAFT&CRAFT Inc. All rights reserved.