エレキギターならエレキギター.jp┃ELECTRIC-GUITAR.JP-エレキギターポータルサイト-
エレキギターピックアップニュース エレキギターコラム エレキギター全国修理店一覧 エレキギター初心者入門基礎知識 ギター売ります、買います エレキギター全国ギター教室一覧
  エレキギターTOP > COLUMN[コラム] >太陽の声を持つ男、さぶろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加


エレキギターコンテンツ
エレキギター WEB SHOPPING
  エレキギター総合WEB SHOP
エレキギター PICK UP!!NEWS
  最新のニュースをピックアップ
エレキギター GUITAR COLUMN
  ギター関連のコラム
エレキギター REPAIR
  全国のギター修理店情報
エレキギター LESSON
  全国のギター教室情報
エレキギター LIVE HOUSE
  東京ライブハウス一覧
エレキギター STUDY
  ギター初心者の為の基礎知識
エレキギター SELL
  ギターを売る際のポイント
エレキギター PROFILE
  スタッフプロフィール
エレキギター スタッフコメント
D.G (ドンガバチョ)
14.10.23 Thu. エレキギター
エレキギター D・G 冷たい雨に打たれて歩くほうが良い~♪冷たい雨が流してくれたほうが良い~♪
和 尚 (おしょう)
14.01.01 水
エレキギター 和尚 あけおめ

エレキギター Twitter



ギター


2013年09月30日
太陽の声を持つ男、さぶろう。

どもども、D.Gです。

まだ日中は汗が噴き出す暑さですが、空の色とか風の匂いがもう秋めいてきてますね。


私事ですが、ジャズギターの勉強を始めたり、新しくユニットを結成して年内にライブを目指していたりと、色々とやりたいことが沢山で時間が足りないくらいです。


そんななか、個人的にお気に入りのシンガーソングライターの とのうちさぶろう 君からニューシングルが届きました。




 

 




【太陽の声】と題されたニューシングル。

さっそくiTunesに取り込んで何度もリピートしながらこの記事を書いています。

彼のライブ活動はアコギでの弾き語りが主体なようで、曲もミディアム~スローなテンポでしっかり聴かせる感じが多いんですけど、今回のシングルはこれまでの彼の楽曲の中でもかなりポップでキャッチーなサウンドに仕上がっています。

もちろん今回も、素朴ながらも一本芯の通った【とのうち節】のメッセージは健在。

分かっちゃいるけど、やめられない
分かっちゃいるけど、なかなか動きだせない

そんな気持ちに、必要以上に叱咤激励するでも突き放すでもなく押しつけがましくもなく、聴き手それぞれにとって丁度いい距離から

『大丈夫。前向いていこうぜ。』

と、励ましてくれる。

そんな歌い手さんです。






このシングルは湘南FMのタイアップ曲になっているみたいなので、この夏に三浦海岸や江ノ島の海を訪れた人はもしかしたら耳にしてるかもしれないですね。

このシングルは各ダウンロードサイトにて配信中です。
気になったらぜひCDも購入して聴いてみてください。
 


■ Amazon mp3 





D.Gももともとアコギで弾き語りするのは好きなんで、ちょっとだけわかるんですけど、1人弾き語りというスタイルでステージに立つのって結構大変な事なんですよ。

バンドみたいにみんなでリハーサルしなくていいので、練習もライブも身軽ですが、その反面、誰も助けてくれないし、駄目なライブした時のダメージも相当なもんですから(笑)

バンドみたいにサウンド面での厚みや変化も付けづらいし、派手な演出も出来ない。
だから誤魔化しがきかないんですよね。
その歌い手の実力がモロにでちゃう。

歌詞や曲のクオリティはもちろん、MCを含めたステージ全体の構成、さらには人柄がつくる空気などなど、観客には歌い手さんのそのままが見えるものなんですよね。

基本的にはバンドでも同じですが、1人でステージに立つシビアさは比べ物にならないと思います。

趣味としてたまに歌うぶんにはいいですけど、独りよがりでも自己満足で完結するでもなく、常に沢山の人に向かって歌を届けようって意識を持って、真剣に舞台に立ち続けるっていうのは凄いことです。


だから彼のようなシンガーソングライターというスタイルを突き通している歌い手さんは大好きです!






そうそう、シンガーソングライターといえば以前も紹介したことがありますが、Goose houseというユニットもお勧めです。

個人個人がソロで活動するシンガーソングライターが集まったユニットで、数年前からYouTubeでは話題のユニットです。

色んなアーティストの曲をカバーした動画をYouTubeで見ることができるんですが、ほとんどはアコースティック主体のシンプルなアレンジ。
だからこそメンバーそれぞれの個性や楽曲の魅力が前面に出ていて、
『音楽ってほんとに人間があってこそのものなんだな』
『音楽って楽しいな!こういうことなんだな!』
と思わせてくれます。

近年はDTMも手軽に始められるし、1人でも簡単に厚いアンサンブルのトラックを作ったりも出来てしまいます。

ボカロ曲をはじめとしたデジタルな打ち込みサウンドはいまの10代のひとにとって当たり前の感覚なんでしょうね。

加えて、エレキギターというとそういったバンド編成的なアレンジでの出番がほとんどなのでついつい見失いがちなのかも。

でもこういう、1人1人それぞれ違う生身の人間が集まって、声と声、音と音を重ねて紡ぎ出された音がっていうのは、きっと音楽の根本的な部分に繋がるものだし、きっと聴く側も生身の人間である限りは普遍的に人を惹きつける魅力を持っているんでしょうね。(とはいえ、D.Gデジタル音楽大好きですけどw)

このユニットって、やっぱりそれぞれが自分だけでステージをすることのできるメンバーの集まりだから、それぞれが曲によって前に出たり引いたり、というバランス感覚が絶妙なんですよね。
で、多様性も生まれる。

野球で言えば全員が4番バッター、サッカーなら全員がエースストライカーを揃えれば強いチームになるかと言えばそんなことはないですよね。
異なったポジションで、それぞれ優れた力を持った選手が集まって上手くかみ合った時に全体として強いチームになる。

それと同じようにバンドするとしたら、メンバーそれぞれの個性がちゃんとあって、その魅力を引き出して高めあえたときは、演奏しててすごく楽しいしリスナーにもちゃんと伝わるエネルギーをもった音楽が生れると思うんですよね。


その為にはまずそれぞれがたくさん音楽を好きになって、辛くてもたくさん練習して、たくさんの出会いをすることが大切なのかもしれないなぁ…なんて思います。

音楽って人間そのものだと思うので、きっと人生もそんな感じなのかもしれないっすね。

なんて思った夏の終わりです。
 

前のページに戻る

エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)

エレキギター初心者、エレキギター通販
エレキギター、エレキギター関連機材を探すならサウンドハウス(soundhouse)
エレキギター入門
全国のギター教室 ギターを習う
 
エレキギターTOPニュースコラムリペア工房ギター入門ギターを売るギター教室
会社概要利用規約プライバシーポリシー

エレキギター.jp
Copyright (C) 2011 CRAFT&CRAFT Inc. All rights reserved.